一眼レフカメラで撮影する時に必要な知識など紹介。

一眼レフ 初心者 | 一眼レフはじめてガイド

撮影コツ

インターバル撮影(微速度撮影)

投稿日:2012年5月28日 更新日:

インターバル撮影とは微速度撮影とも呼びます。まず見たほうが早いので動画を見てください。

こんなのや

このようなのを作ることができます。

※動画はYoutubeにアップロードされていたものです。

雲の流れや街並みが早送りのようになっているよく見かけるアレのことです。1秒~数十秒で1枚などの間隔で撮った画像を繋ぎ合わせて動画にしていきます。

必要な機材は三脚とレリーズがあればOKです。大量に撮影しますので充電はしっかりする必要があります。記録メディアも余裕があったほうがいいです。
また晴天時、光の状態に応じてNDフィルターがあると光量を抑えることができます。

■撮影準備~撮影
 ・画像サイズを小さめに設定します。Canonの場合SサイズでOKです。フルHD動画のサイズが1920x1080なのでこれより少し大きいくらいのサイズであればいいと思います。

 ・露出モードはAVもしくはMに設定します。1枚撮影して露出計が±0EVになるようにシャッタースピードを調整してください(ISO感度は昼100~400程度、夜は800~1600程度)F値は11ぐらいにしてます。

 ・ホワイトバランスはオート以外の固定にして下さい。太陽光でOKだと思います。

 ・マニュアルフォーカスで無限遠(ピントリングを∞マークに合わせるかAFでピントを合わせてMFに切り替える。養生テープなどで固定したほうがいいです)にします。

 ・測光方式を中央部重点平均測光に設定します。

 ・手ブレ補正やライブビューなどをOFFにします(Canonの場合、長時間露光ノイズ低減もOFF)

 ・レリーズスイッチをつけ三脚にセットします。

 ・数枚試し撮りをして構図、露出、絞り、ピントなど確認調整します。

 ・レリーズスイッチで撮影間隔、枚数を設定してロックして完了です。あとは終わるのを待つだけです。

 ※撮影時の環境により設定が異なりますので設定値はあくまで参考として下さい。
 ※5秒間隔で2000枚で2時間以上掛かります(^^; 出来る動画は数分程度ですので覚悟しましょうw

■動画編集

 ・WindowsPCだとフリーのNicoVisualEffects2が便利。

 ・Macだとiphotoとimovieでできるようです。「微速度撮影 iphoto」などでググってみましょう。

 

超美麗インターバル撮影動画

※Canon EOS 5D MarkIIと60Dを使用して作ったというHD動画を見つけましたのでご紹介します。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事

1

F3.5 30秒 ISO800 先日のキャンプで満天の星空、天の川を見て是非撮影したいと思い撮ってきました。 ■必要なもの ・三脚 ・レリーズスイッチ(リモコン) レンズは標準~広角のほうが良いでしょ ...

2

北海道もいよいよ本格的な冬到来で毎日雪が降っています。 降ってる雪を撮影するのはまた次回として今回は結晶を撮ってみたいと思います。 そもそも毎日雪が降っていても結晶がわからない日や肉眼でもはっきりわか ...

3

関東などでも雪が降り大変なようですが、ふだん雪の降らない地域にお住いの方だと、機会に雪の写真を撮りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。 以前雪の結晶の記事を書きましたので、今回は降っている雪 ...

4

テーブルの上に置かれた小物や花などを題材にして撮影した写真をテーブルフォトと呼びます。 自宅でも手軽に撮影できるのがテーブルフォト。ポイントをおさえて魅力的な1枚を撮りましょう。 レンズはあればマクロ ...

-撮影コツ
-, ,

Copyright© 一眼レフ 初心者 | 一眼レフはじめてガイド , 2018 All Rights Reserved.