一眼レフカメラで撮影する時に必要な知識など紹介。

一眼レフ 初心者 | 一眼レフはじめてガイド

撮影コツ

NDフィルターで長時間露光。NDフィルターの種類と絞り段数

投稿日:2013年7月18日 更新日:

F11 4秒

NDフィルターは別名「減光フィルター」とも呼ばれるサングラスのようなものです。

目的と効果は上述のサングラスという表現の通り、明るさが強い時に装着することでシャッター速度や絞りの調整の範囲が増え本来の色を表現することや独特の効果を得ることができます。

NDフィルターの効果・作例

日中噴水を撮影する場合、適性の露出で撮ると下記のようにある程度速いシャッター速度が必要になるため水の流れが止まります。

シャッター速度 1/500

シャッター速度 1/500

NDフィルターを装着することでシャッター速度を遅くすることができ、水の流れがなめらかにすることができる。

シャッター速度 1/4

シャッター速度 1/4

シャッター速度 1.3秒

シャッター速度 1.3秒

このように海の波もスローシャッターにすることで波がなめらかになり幻想的な雰囲気にすることができます。

F11 1/80秒

F11 1/80秒

F11 4秒

F11 4秒

F8 3秒

F8 3秒

F11 0.8秒

F11 0.8秒

NDフィルターの種類

NDフィルターには種類があります。ND2、ND4、ND8、ND400、ND10000とあり
数値が上がるにつれ減光する量が変わります。

フィルター 絞り
ND2 1段分(1/2の光量)
ND4 2段分(1/4の光量)
ND8 3段分(1/8の光量)
ND400 9段分(1/400の光量)
ND1000 10段分(1/1000の光量)
ND10000 13 1/3段分(1/1万の光量)

ND2では絞り1段分(1/2の光量)ND4は絞り2段分(1/4の光量)ND8は絞り3段分(1/8の光量)になり
NDフィルターは重ねることも可能なのでND2とND4を重ねると2×4でND8と同じ効果を得ることができます。
(※ND10000は日食撮影用)

数値が上がると光量が減りシャッタースピードを稼ぐことができるということがわかったと思いますが
絞ると(Fの数値を上げる)もっとシャッタースピードを長くできるということです。
(流れる水などが、より滑らかになる)

NDフィルターを使うと水の流れを滑らかにする以外にも街中でスローシャッターをすると
歩いている人を消すこともできます。撮影の幅が広がりますのでお試しください。

角型フィルター

円形フィルターの場合、レンズの口径にあったフィルターをそれぞれ購入する必要がありますが、角型フィルターの場合アダプターが複数の口径に対応しています。

角型フィルターはNiSi,KANIといったメーカーが品質が良く人気。

最後に

以上、今回はNDフィルターの効果の話でした。

滝や水辺の写真などで味わいのある1枚を撮るにはとても便利です。是非試してみてください。

※安価な可変式の輸入品が出回っていますが粗悪なものが多いようですのでお気をつけください。Kenkoなどの可変式はかなり高価です

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事

1

F3.5 30秒 ISO800 先日のキャンプで満天の星空、天の川を見て是非撮影したいと思い撮ってきました。 ■必要なもの ・三脚 ・レリーズスイッチ(リモコン) レンズは標準~広角のほうが良いでしょ ...

2

北海道もいよいよ本格的な冬到来で毎日雪が降っています。 降ってる雪を撮影するのはまた次回として今回は結晶を撮ってみたいと思います。 そもそも毎日雪が降っていても結晶がわからない日や肉眼でもはっきりわか ...

3

関東などでも雪が降り大変なようですが、ふだん雪の降らない地域にお住いの方だと、機会に雪の写真を撮りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。 以前雪の結晶の記事を書きましたので、今回は降っている雪 ...

4

テーブルの上に置かれた小物や花などを題材にして撮影した写真をテーブルフォトと呼びます。 自宅でも手軽に撮影できるのがテーブルフォト。ポイントをおさえて魅力的な1枚を撮りましょう。 レンズはあればマクロ ...

-撮影コツ
-, ,

Copyright© 一眼レフ 初心者 | 一眼レフはじめてガイド , 2018 All Rights Reserved.