一眼レフカメラで撮影する時に必要な知識など紹介。

一眼レフ 初心者 | 一眼レフはじめてガイド

レンズ ニュース

人気のEF50mm F1.8がリニューアル

投稿日:2015年5月12日 更新日:

昨日FBページでもニュースをシェアしましたが、キヤノンが「EF50mm F1.8 II」のリニューアル製品、「EF50mm F1.8 STM」の発売を発表しました。

1万円以下でありながら単焦点しかもF1.8というコスパの高さで人気の従来品との違いは・・・

絞り羽根枚数が増えた

従来品は絞り羽根枚数が5枚で玉ボケが5角形になっていたところ、絞り羽根枚数7枚の円形絞りになり綺麗な円形のボケに。

ef50stm1

最短撮影距離が短くなった

従来品は34.5cm 意外と寄れなくてストレスを感じていた方も多いはず。最短撮影距離が短くなり26.7cmに。(※センサーからの距離は35cm)

ef50stm2

STM搭載で静かで滑らかなAF

EF50mm F1.8ⅡといえばジーコジーコAFがうるさいという印象が強い。今回はSTM(ステッピンモーター)を採用しているので静かなAFが期待できそう。またフルタイムMFにも対応しているのもうれしいポイント。

小型軽量は引き継いでいる

重さは130gから160gと若干重くなっているが、これは樹脂製マウントから金属製に変わった為。外径は68.2mmから69.2mmとほぼ変わらず。全長は1.7mmほど短くなった。

スペック比較

いろいろ調べていたらパンケーキのEF40mmにも近いなと思い、新製品・従来品、EF40mmで比較してみました。

1万円以下という価格が魅力だったといえば、値段が倍近くなっているのはイタイが
安っぽいつくりが改善されSTM搭載、そして何より従来品は25年も前に作られたレンズなので写り自体もかなり良くなっているでしょう。

うーん、どこかのタイミングで買っちゃいそうです(笑)

  EF50mm F1.8 STM EF50mm F1.8 Ⅱ EF40mm F2.8 STM
焦点距離 50mm 50mm 40mm
開放F値 F1.8 F1.8 F2.8
絞り羽根枚数 7枚 5枚 7枚
最短撮影距離 0.35m 0.45m 0.3m
最大撮影倍率 0.21倍 0.15倍 0.18倍
フィルター径 49mm 52mm 52mm
質量 160g 130g 130g
価格 16,092円 9,380円 16,700円

※価格は2015.5.12時点のAmazon

<<追記>>
そういえば従来品は販売終了するんですかね?AF速度よりも価格!って方は急いだほうが良いかもしれないですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事

1

F3.5 30秒 ISO800 先日のキャンプで満天の星空、天の川を見て是非撮影したいと思い撮ってきました。 ■必要なもの ・三脚 ・レリーズスイッチ(リモコン) レンズは標準~広角のほうが良いでしょ ...

2

北海道もいよいよ本格的な冬到来で毎日雪が降っています。 降ってる雪を撮影するのはまた次回として今回は結晶を撮ってみたいと思います。 そもそも毎日雪が降っていても結晶がわからない日や肉眼でもはっきりわか ...

3

関東などでも雪が降り大変なようですが、ふだん雪の降らない地域にお住いの方だと、機会に雪の写真を撮りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。 以前雪の結晶の記事を書きましたので、今回は降っている雪 ...

4

テーブルの上に置かれた小物や花などを題材にして撮影した写真をテーブルフォトと呼びます。 自宅でも手軽に撮影できるのがテーブルフォト。ポイントをおさえて魅力的な1枚を撮りましょう。 レンズはあればマクロ ...

-レンズ, ニュース

Copyright© 一眼レフ 初心者 | 一眼レフはじめてガイド , 2018 All Rights Reserved.