一眼レフカメラで撮影する時に必要な知識など紹介。

一眼レフ 初心者 | 一眼レフはじめてガイド

ニュース

EOS7DファームウェアVer2.0

投稿日:

EOS7d ver2.0

キヤノンの中級機EOS7Dが発売から2年半、MkⅡの噂もあったが大幅なアップデートが先日公開された。
内容は11の強化と不具合の修正だ。個人的には60Dとの優位度をあんまり感じていなかったがこれで一歩リードし欲しくなった(笑)

  • 連写撮影枚数の向上(JPEGラージ/ファイン126枚→130枚、RAW15枚→25枚、RAW+JPEG6枚→17枚)
  •   連射枚数最高約8コマ/秒を最大限に生かし動体撮影に強くなったようです。

  • GPSレシーバー「GP-E2」への対応
  •   別売のEOSアクセサリー「GPSレシーバー GP-E2」(2012年4月発売)を接続することで、
    撮影地点の緯度・経度・標高の情報を画像に付加することができます。

  • ISOオート時の上限感度設定が可能に
  • 60D 5D Mark IIIで可能だったISOオート時の上限設定ができるようになりました。

  • RAW画像のカメラ内現像
  •   ホワイトバランスの設定など微調整後JPG現像ができるように。細かく設定はできないようなのであくまで簡易現像で考えたほうが良さそう。

  • 再生時に「Q」ボタンによるクイック設定
  •   クイックボタンからいろいろな機能を呼び出せるようになり便利に。

  • 画像レーティング機能の追加
  •   画像に1~5のレートをつけることが可能に。スライドショーをレーティング順に表示することができる。

  • JPEG画像のカメラ内リサイズ
  • 動画撮影時の録音レベルマニュアル調整
  • 画像ファイル名の任意設定
  • タイムゾーン設定機能の追加
  • 再生拡大時の画面スクロール高速化

ファームウェア2.0のダウンロードはこちらから

なおアップデートの際バッテリーはしっかり充電しておいてDPPやEOS Utilityも最新版にしてからやったほうがいい。

手順は、ダウンロードしたファイルを解凍後CFカードにコピー、7DにCFを入れメニューのファームウェアから。

なんか7D欲しくなってきた(笑)


※英語ですが手順がわかりやすいです

関連サイト
「EOS 7D」の新ファームウェアVer 2.0.0を試す
キヤノン、「EOS 7D」のファームウェアVer.2.0を公開

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事

1

F3.5 30秒 ISO800 先日のキャンプで満天の星空、天の川を見て是非撮影したいと思い撮ってきました。 ■必要なもの ・三脚 ・レリーズスイッチ(リモコン) レンズは標準~広角のほうが良いでしょ ...

2

北海道もいよいよ本格的な冬到来で毎日雪が降っています。 降ってる雪を撮影するのはまた次回として今回は結晶を撮ってみたいと思います。 そもそも毎日雪が降っていても結晶がわからない日や肉眼でもはっきりわか ...

3

関東などでも雪が降り大変なようですが、ふだん雪の降らない地域にお住いの方だと、機会に雪の写真を撮りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。 以前雪の結晶の記事を書きましたので、今回は降っている雪 ...

4

テーブルの上に置かれた小物や花などを題材にして撮影した写真をテーブルフォトと呼びます。 自宅でも手軽に撮影できるのがテーブルフォト。ポイントをおさえて魅力的な1枚を撮りましょう。 レンズはあればマクロ ...

-ニュース
-,

Copyright© 一眼レフ 初心者 | 一眼レフはじめてガイド , 2018 All Rights Reserved.