一眼レフカメラで撮影する時に必要な知識など紹介。

一眼レフ 初心者 | 一眼レフはじめてガイド

レンズ

35mm 換算

投稿日:2012年4月10日 更新日:

レンズを選び始めたりすると、35mm換算で○○mmなど見かけて「??」となることが
あるかと思います。

デジタル一眼レフと一口にいっても撮影素子の大きさが異なります。

撮影素子とは画像を写し取るセンサーのことです。

カメラ屋さんで同じ一眼レフを見て、数万円~何十万もするものなどがあり
なんでこんなに値段が違うんだろうと最初思いましたが、その理由の1つに撮影素子の大きさの
違いがあります。

撮影素子の大きさのイメージは以下のようになります。

いわゆるフルサイズ機と呼ばれているものが一番大きいサイズです。入門機~中級機として売られているものはASP-Cが多いです。またマイクロフォーサーズ、ミラーレスなど呼ばれているものがフォーサーズと書いているサイズです。

コンパクトデジカメは1/1.8型ですからサイズはかなり違いますね。

よく画素数でカメラの画質の良さを話している人がいますが、1000万画素のコンパクトデジカメより
1000万画素のデジタル一眼レフのほうが当然画質は良いはずです。

つまりフルサイズ機でも使えるレンズをASP-Cに装着した際、センサーの大きさの違いから写真に写し込める範囲(画角)が狭くなり、35mm換算だと○○mmの画角ということなんです。

なおメーカーにより焦点距離は若干異なり、キヤノンAPS-Cサイズの場合は、焦点距離を約1.6倍にした値で算出することができます。 焦点距離35mmのレンズを装着した場合、
35mm換算で56mm相当の有効撮影画角となります。
ペンタックスAPS-Cは1.53倍、ニコン・ソニーは1.5倍、フォーサーズは2倍です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事

1

F3.5 30秒 ISO800 先日のキャンプで満天の星空、天の川を見て是非撮影したいと思い撮ってきました。 ■必要なもの ・三脚 ・レリーズスイッチ(リモコン) レンズは標準~広角のほうが良いでしょ ...

2

北海道もいよいよ本格的な冬到来で毎日雪が降っています。 降ってる雪を撮影するのはまた次回として今回は結晶を撮ってみたいと思います。 そもそも毎日雪が降っていても結晶がわからない日や肉眼でもはっきりわか ...

3

関東などでも雪が降り大変なようですが、ふだん雪の降らない地域にお住いの方だと、機会に雪の写真を撮りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。 以前雪の結晶の記事を書きましたので、今回は降っている雪 ...

4

テーブルの上に置かれた小物や花などを題材にして撮影した写真をテーブルフォトと呼びます。 自宅でも手軽に撮影できるのがテーブルフォト。ポイントをおさえて魅力的な1枚を撮りましょう。 レンズはあればマクロ ...

-レンズ
-, ,

Copyright© 一眼レフ 初心者 | 一眼レフはじめてガイド , 2018 All Rights Reserved.