一眼レフカメラで撮影する時に必要な知識など紹介。

一眼レフ 初心者 | 一眼レフはじめてガイド

ニュース

キヤノン、初心者向けデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X6i」

投稿日:2012年6月11日 更新日:

EOS Kiss X6i
キヤノンは、静止画・動画ともにオートフォーカス(AF)性能が大幅に進化した初心者向けデジタル一眼レフカメラ「EOSKissX6i」を6月下旬に発売する。

2011年3月に発売した「EOSKissX5」の後継機。静止画・動画ともにAF性能が飛躍的に向上したほか、高速連写性能や画質も大きく進化した。全9点でクロス測距するAFセンサをEOSKissシリーズとして初めて搭載し、被写体を選ばず高精度なピント合わせができる。ファインダー撮影時には、構図にかかわらず被写体パターンに影響されにくいすぐれた被写体捕捉力を発揮する。

コントラストAFと、CMOSセンサによる位相差AFを併用した新開発の「ハイブリッドCMOSAF」の採用によって、ライブビュー撮影と動画撮影時にピント合わせが高速化した。新たに動画サーボAFを搭載したことで、動画撮影時に動く被写体にもスムーズにピントを合わせ続けることができる。

新開発のAPS-Cサイズ約1800万画素のCMOSセンサと、高性能映像エンジン「DIGIC4」の約6倍の処理速度を持つ新映像エンジン「DIGIC5」の搭載によって、最高約5コマ/秒の高速連写と高画質の両立を実現。常用ISO感度が最高ISO12800(拡張ISO25600)まで拡大したことで、暗いシーンや動体撮影時にノイズや手ブレ・被写体ブレを抑えることができる。

可動範囲の広い3.0型のバリアングルタッチパネル液晶モニタは、ハイ/ローアングルや対面撮影のときに役立つ。また、タッチパネルは静電容量方式で、各種撮影設定やAFフレーム選択、撮影後の画像再生時の拡大/縮小などが直感的に、簡単に操作できる。ボディのサイズは、幅約133.1×高さ99.8×奥行き78.8mmで、重さは約575g。

ラインアップと直販サイトの価格は、「EOSKissX6i」ボディ単体が8万9800円。ボディと交換レンズがセットのレンズキットは、「EF-S18-55mmF3.5-5.6ISII」(35mmフィルム換算29~88mm相当)が付属する「EOSKissX6i・EF-S18-55ISIIレンズキット」が9万9800円、「EF-S18-135mmF3.5-5.6ISSTM」(35mmフィルム換算29~216mm相当)が付属する「EOSKissX6i・EF-S18-135ISSTMレンズキット」が12万9800円。

  「EF-S18-55mmF3.5-5.6ISII」「EF-S55-250mmF4-5.6ISII」(35mmフィルム換算88~400mm相当)の2本が付属するダブルズームキット「EOSKissX6i・ダブルズームキット」が12万9800円。(情報提供:BCNランキング)

またEFレンズの新製品としてパンケーキ型の「EF40mm F2.8 STM」を6月下旬に発売する。2万3000円(税別)。

厚さ22.8ミリ、重さ約130グラムとEFレンズ最薄・最軽量のパンケーキレンズ。ステッピングモーターの採用で動画撮影を快適にしているという。円形絞りの採用した。最短撮影距離は0.3メートル(倍率0.18倍)。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事

1

F3.5 30秒 ISO800 先日のキャンプで満天の星空、天の川を見て是非撮影したいと思い撮ってきました。 ■必要なもの ・三脚 ・レリーズスイッチ(リモコン) レンズは標準~広角のほうが良いでしょ ...

2

北海道もいよいよ本格的な冬到来で毎日雪が降っています。 降ってる雪を撮影するのはまた次回として今回は結晶を撮ってみたいと思います。 そもそも毎日雪が降っていても結晶がわからない日や肉眼でもはっきりわか ...

3

関東などでも雪が降り大変なようですが、ふだん雪の降らない地域にお住いの方だと、機会に雪の写真を撮りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。 以前雪の結晶の記事を書きましたので、今回は降っている雪 ...

4

テーブルの上に置かれた小物や花などを題材にして撮影した写真をテーブルフォトと呼びます。 自宅でも手軽に撮影できるのがテーブルフォト。ポイントをおさえて魅力的な1枚を撮りましょう。 レンズはあればマクロ ...

-ニュース
-,

Copyright© 一眼レフ 初心者 | 一眼レフはじめてガイド , 2018 All Rights Reserved.