一眼レフカメラで撮影する時に必要な知識など紹介。

一眼レフ 初心者 | 一眼レフはじめてガイド

撮影コツ

測光モードを調整する

投稿日:2012年9月20日 更新日:

測光モードは撮影する被写体のどこの部分の明るさを測るかを決める項目になります。
写真の露出は、カメラに入ってくる光をカメラ内部の露出計が光の量にあったシャッタスピードや絞り
ISO感度などが設定される(オートの場合)このカメラに入ってくる光のどこの場所を決めるのが測光モードです。

評価測光

スポット測光

中央部重点測光

評価測光

基本的にはデフォルト設定になっている「評価測光」で問題ない。AFでピントがあった測距点の
近くを重視して測光される機種が多い。メーカーによっては「多分割測光」や「マルチパターン測光」など
名称は異なる。

中央部重点測光

画面中央部付近を重点的に広範囲に測光するモード。
被写体が画面中央にある場合に露出が合いやすい。逆に被写体が画面の隅にある場合は
露出が合いづらいこともある。その場合画面中央に被写体を入れてAEロックをして露出を
固定してから構図を決めて撮影すると比較的正確な露出を得やすい。

部分測光、スポット測光

部分測光は画面中央部の小さい範囲で測光でき、周囲の明るさの影響を受けない。
そのため被写体と背景の明暗差が大きい場合などに使いやすい。逆光の時など効果的。

評価測光

部分測光

中央部重点測光

逆光で撮ったが被写体が中央部にあるためか「中央部重点測光」が明るめに撮れた。

背景が白いとカメラが明るいと思い暗めになるが中央に白くない被写体がある場合、露出補正なしで
中央部重点測光でちょうど良い明るさで撮れたりする。

撮影に余裕があったら測光モードも変更してコツをつかんでみては。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事

1

F3.5 30秒 ISO800 先日のキャンプで満天の星空、天の川を見て是非撮影したいと思い撮ってきました。 ■必要なもの ・三脚 ・レリーズスイッチ(リモコン) レンズは標準~広角のほうが良いでしょ ...

2

北海道もいよいよ本格的な冬到来で毎日雪が降っています。 降ってる雪を撮影するのはまた次回として今回は結晶を撮ってみたいと思います。 そもそも毎日雪が降っていても結晶がわからない日や肉眼でもはっきりわか ...

3

関東などでも雪が降り大変なようですが、ふだん雪の降らない地域にお住いの方だと、機会に雪の写真を撮りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。 以前雪の結晶の記事を書きましたので、今回は降っている雪 ...

4

テーブルの上に置かれた小物や花などを題材にして撮影した写真をテーブルフォトと呼びます。 自宅でも手軽に撮影できるのがテーブルフォト。ポイントをおさえて魅力的な1枚を撮りましょう。 レンズはあればマクロ ...

-撮影コツ
-, , , ,

Copyright© 一眼レフ 初心者 | 一眼レフはじめてガイド , 2018 All Rights Reserved.