一眼レフカメラで撮影する時に必要な知識など紹介。

一眼レフ 初心者 | 一眼レフはじめてガイド

ISO感度

ISO(アイエスオー、アイソ、イソ)感度は写真フィルムの規格です。
ここの設定によって暗い場所でも明るい写真を撮ることができます。

薄暗い部屋などで撮影する際、シャッタースピードが遅くなり
手ブレや被写体ブレが発生しやすくなります。

シャッタースピードだけを速くしようとすると今度は光が足りなくなり
暗い写真になってしまいます。

このような場合にISO感度を少し上げることでシャッタースピードを
稼ぐことができ手ブレや被写体ブレがしづらくなります。

F値を変更せずにISO感度だけ変更するとどのようになるでしょうか?

ISO100

iSO200

ISO400

ISO800

ISO1600

ISOをあげると明るくなっているのがわかると思います。暗い場所での撮影時にシャッタースピードが足りなくて
手ブレなどをすることがありますが、ISO感度を上げるとシャッタースピードを稼ぐことができるのです。

では「いつでも感度を上げていればいいんじゃないの?」という疑問が発生します。

残念ながらISOにもデメリットがあります。ISO感度を高くするほどノイズが目立ちやすくなります。

ただ最近のカメラはノイズの問題もかなり解消してきているようですので
シーンに合わせて確認しながら設定してみるのが良いです。

ISO変更シーン

暗い場所での手持ち撮影などでは手ブレ防止にISO感度を上げると良いでしょう。
通常時や流れるような写真、三脚使用時はISOを低感度にして撮影しましょう。ISO感度が低いほうが高画質に撮ることができます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

投稿日:2012年4月16日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 一眼レフ 初心者 | 一眼レフはじめてガイド , 2018 All Rights Reserved.