一眼レフカメラで撮影する時に必要な知識など紹介。

一眼レフ 初心者 | 一眼レフはじめてガイド

ホワイトバランス

ホワイトバランス(WB)は白を正しく表現するための補正機能です。
どういうことか「???」な方も多いかと思います。

モードにはAUTO以外にこのようなものがあります。

  • 太陽光
  • 日陰
  • 電球
  • 蛍光灯

通常ホワイトバランスの自動設定機能で自動的に
補正してくれますが、撮影時の光によって色が肉眼で
見たときと違うことがあります。

そんなときホワイトバランスを変更してみてください。
色合いや雰囲気が変わってきます。

屋外でのホワイトバランスの違い

AUTO太陽光日陰
AUTO太陽光日陰
くもり白色蛍光灯白熱電球
くもり白色蛍光灯白熱電球

冬の寒さを表現する場合、寒色系の白色蛍光灯や白熱電球に設定すると寒さを感じます.
好みもありますので設定を変えてみていろいろ撮ってみるといいです。

太陽光日陰
くもり白色蛍光灯
白熱電球

夕陽などは日陰にすると赤が強調され雰囲気が出ます。
夕陽

オートホワイトバランスでは正しい色を再現出来ない場合も多いので、より正しく撮るにはグレーカードで調整がおすすめ。Lightroomでの調整方法は以下の動画がわかりやすいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

投稿日:2012年4月23日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 一眼レフ 初心者 | 一眼レフはじめてガイド , 2018 All Rights Reserved.